2014年09月06日

アポダイジングフィルター

富士フイルムが近日中に発表する予定のレンズに、アポダイジングフィルターを搭載したレンズがあるらしい。アポダイジングフィルターとは聞き慣れない言葉ですが、このページの解説によれば望遠鏡による惑星観測では昔から使われている技術のようです。カメラレンズに適用した結果としてはボケ味の改善につながるようです。XF56mm F1.2Rは元々解像度が高く上品にボケる素晴らしいレンズなので、この上のボケとなるといったいどうなるのか興味津々です。
posted by gomeisa at 11:08| カメラ