2017年01月22日

四式戦 疾風のキット

四式戦疾風は零戦程ではないにしろ有名な機体ですが現在入手できるプラモデルの種類は意外に少ないです。ハセガワからは1/72,1/48,1/32の各スケールで出ていますが、他にはタミヤが1/48を出している位です。タミヤは昔1/72も出していましたが今は1/72を出していません。出来はハセガワ1/48はベストキットの誉れ高いです。タミヤ1/48はコックピットは1/72並ですし、形も少しおかしいようです。今回製作しているのはハセガワ1/48と1/72です。

疾風のプラモデル
左奥タミヤ1/48,右奥ハセガワ1/48、手前ハセガワ1/72
箱絵はハセガワは両方とも小池繁雄画伯、タミヤは不明ですが、臨場感あふれる良い箱絵ですね。


昨日は光線の具合が厳しかったのでコクピットを撮り直してみました。あまり変わらない?

疾風のプラモデル

posted by gomeisa at 11:59| プラモデル