2017年02月08日

受動喫煙防止法に例外を認めたらどうなるか

バーやスナック、喫煙OK…受動喫煙対策で例外
英国ではパブも禁煙です。厚労省はこの辺が落とし所と考えているのかもしれませんが、受動喫煙防止法に例外を認めたらいけません。スナックと居酒屋はどう区別するのでしょう?うちはスナックだから喫煙可といいはる居酒屋もきっと出てくるでしょう。タバコの煙に煩わされる事なく居酒屋を楽しみたい私には大問題です。それにバーやスナックの勤務者の受動喫煙を放置していいんですか?私の患者で受動喫煙が辛くてスナック勤務を辞めた人がいます。最終的に受動喫煙防止法がどうなるかまだわかりませんが、もしこういう例外を認めるようなことになるなら、中途半端で頭が古く、融和を求めるあまり本質を見失いがちで、そもそもドラスティックな変化ができない、こんな日本は大嫌いです。
posted by gomeisa at 20:04| 禁煙