2011年03月09日

FinePix X100 狂想曲

3月5日の発売日に私のX100は修理センターへ逝きました。
なぜ発売日に?そう、フライングで3月3日に届いたのです。初めは光学ファインダーの明るさと撮った写真の精細さ、上品さに驚喜していましたが。掲示板では早くも光学ファインダー(OVF)のブライトフレームで水平をとると画像が傾くとの指摘が。以下が価格.comのスレッド
画像の傾き(価格.com)
確認してみると、私のカメラでも同じ症状が。さらによく見れば、AFフレームのOVFとEVFのずれ、極めつけはファインダー窓の油脂汚れまでありました。で、サポートセンターに相談して修理センター行きとなった次第です。しかし、OVFのブライトフレームの傾きはかなりの割合で発生しているらしく、誤差というより初期不良っぽい。
優れた描写もこの不具合で興ざめ。ギミックな外観と優れた描写に喜んでいた自分が何だか馬鹿らしくなってきました。結構売れているみたいだけど、早くも値崩れも始まっているらしく、このカメラの将来は不透明ですね。できればちゃんと修理ができて、デジカメとして新しいジャンルを開拓して欲しいけど。
posted by gomeisa at 02:49| カメラ