2013年09月19日

食養生

今晩は診療終了後、漢方の講演会に行ってきました。テーマは「漢方薬の効果を引き出す生活指導〜医食同源の観点から〜」です。講師は日大の上田ゆき子先生です。当院でも漢方診療をしていますが、食養生までなかなか踏み込めていないのが現実です。暖める食事と冷やす食事という観点から、症例提示を主体にした講演でした。ともするとファナティックになりやすい食養生ですが、上田先生はごく常識の範囲内で良い講演でした。とんでもない食事が治療の足を引っ張っている例を聞いて、当院でも食事内容調査をしてみようかと思いました。アトピー性皮膚炎の治療では、私も砂糖の制限を常々言っていますが、上田先生も精白糖の制限の重要さを言っていました。残念ながら多くの人の好物であるスウィーツは健康の大敵なのです。
食養生の要点は伝統的で常識的な食事をすることです。特定の食物が良いと偏った食事をすると、思わぬしっぺ返しがあるものです。
posted by gomeisa at 22:28| 漢方